晴れたらいいな hareiina.exblog.jp

雨や曇りの日もあるけれど明日は晴れたらいいなおかあさんのこころ・・・赤ちゃんと一緒のおかあさんのためのお部屋を開いています


by hare-iina
プロフィールを見る
画像一覧

<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雨模様

e0361702_12382124.jpg
しっとり しっとり 昨日も今日も雨模様
明日から6月 まもなく梅雨入り
みどりの葉っぱたちは あまつぶに濡れて
きらきらと 輝く


[PR]
by hare-iina | 2018-05-31 12:42 | 日記 | Comments(0)

祈り

e0361702_12292886.jpg
神さまは命を与えもし、奪いもする
人間の力ではどうにもできない大いなる意志

ひとつひとつの命の誕生にはそれぞれの物語があって
役割があって
寿命があって
それも人間の力ではどうすることもできず
ただそうなっているのであって
ただそれを受け止めるしかない
厳しくもあり、救いでもある気がする
自分を責める必要はないから

人の出会いと別れにもまた様々なドラマがあって

笑って話すその向こう側には
どうにもできない悲しみや傷つき、恐れ、怒りがあったりする
いろんなもの抱えながら
今日もがんばって生きている

今日は満月だから
心の中に手放したい感情があるのなら
一度その感じをじっくりと感じてみて
それから、ありがとう、と告げてから手放してみる
そんなイメージで自分の気持ちと向き合ってみたらどうだろう?




[PR]
by hare-iina | 2018-05-29 13:14 | 日記 | Comments(0)

ふたりの私

e0361702_13382964.jpg
子どもといるときの私とひとりで街を出歩くときの私
なんだか違う自分のような気がしてくる
子どもといるときは、周りの視線って子どもにいくような
“あの子のおかあさん”って感じだけど
ひとりだとただの“女の人”になる
子どもといつも行く公園の横をひとりで通りすぎると
あぁ、いつもはあの中にいるけど、今の私は“おかあさん”じゃないんだなって
なんだかふと不思議な感覚がした

赤ちゃんだった時はずっと抱っこで自分の手元や足元が見えなくて
どこまでが自分でどこからが我が子なのか
その境界線すら曖昧で
私の服は引っ張られても汚されても気にしなくていいような
着古したTシャツとパンツが定番で
それがだんだん自分で歩くようになって手を繋ぐ距離感になって
仕事に行ったり旦那に預けてひとりで出歩くようになると
自分の服装がえらくみすぼらしいような
恥ずかしくてちっちゃくなってしまうような
そんな感覚がわいてくる
もう母子一体の時代は終わったんだな
自分の服装ももうちょっとしっかりしたいな
でも妊娠前の感じともなんだかちょっと違っていて
よくわからなくなってる
服装難民?
知らん間にどんどん時代は巡っていくんだな





[PR]
by hare-iina | 2018-05-22 13:37 | 日記 | Comments(0)

母の日

e0361702_11335178.jpg
母の日に、去年は何とも思わなかったけど
今年はあぁ、自分も母なんだなぁと思った。

旦那さんが知り合いからバラのシロップをもらってきて
夕食に食前酒代わりにおしゃれに乾杯すると
「今日は母の日やで」と旦那さんが言った
あぁ、そうだ、私も母なんだった
毎年いただくバラのシロップジュースだけど
今年は母の日と重なって
このピンク色とバラの香り、花びらがふわっと
母であるわたしを今日は特別にねぎらってくれているような気がした

そのうち子どもが保育園とか幼稚園とかから
手作りのカードとかカーネーションを持ち帰ってくる日がくるんかなぁ
なんて思ったりして
新米母さんも、毎日よくがんばってるよね
がんばっている自分をたまにはねぎらってあげよう
誰かにねぎらってもらえるともっといいけどね
よくがんばっているよ
おつかれさま



[PR]
by hare-iina | 2018-05-15 11:52 | 日記 | Comments(0)
e0361702_12184694.jpg
今年のGWは奈良の田舎にある家に4泊してみました。
街中に住んでると体験できないこと、子どもに経験させたいという思いと、自分がやってみたいという思いと。

子どもは、まぁ順応するもんだな、と思った。
でも、喜んでるかどうかはよくわからなかった。
そんなに外でがつがつ遊ぶわけでもなく「おうち入る」言うし
もっと外で遊んだらいいのにーと思うけど
まぁ田舎に行ったからって性格が変わるわけではないよね、と自分を納得させる。

私はと言えば、ムカデや巨大クモに怯える(笑)
毛虫もアリもハチも田舎は全部でかい。
だけどやっぱり緑の深さには癒された。
おひさまの光やたくさんの緑、土や虫たちは
田舎では当たり前すぎて気にとめることなく、ただそこにある。
虫たちも別に敵対しなければ何もしてこないんだろうし
そこに暮らせば当たり前になるんやろうな。
帰ってきてからクモを素手で捕まえてる自分がいて、あんなちょっとの間でも許容範囲が広がるんやなぁと(笑)
やっぱり色んな経験してみるもんやね。規模が小さいけどね。


※フリースペースは(火)~(木)10時~16時まで開いております。
※『えほんをよむかい?』は主宰の飛鳥さんのご都合により、しばらくお休みとなります。夏ごろには開催できるかな?


[PR]
by hare-iina | 2018-05-08 12:17 | 日記 | Comments(0)